管理栄養士 佐々木さくら

ダイエット・アート・管理栄養士

10日目:糖質コントロール食「1日の糖質量はどのくらい??」

10日目

 

糖質コンロロール食「1日の糖質量はどれくらい??」

 

1日どれくらいの糖質量を摂取してもよいの?という疑問に答えて、大体どのくらいの糖質量を摂取したら良いのかお話ししていきます。糖質量は・・・1日130gと言われていますが、この130gというのはアメリカで糖質制限について力を入れている医師や日本で糖質制限食について提唱している医師らは1日130gが良いと結論づけているのを参考にしています。

 

1日130gの糖質量とは具体的にはどのくらい?

1日130gの糖質といわても、どれの量なのか分からないので、具体的に例を挙げると、1日150のご飯1.5杯分くらいになります。これを多いとみるか少ないとみるかは人それぞれですが、主食以外にもお菓子やケーキ、パン屋野菜にも糖質が含まれているので、100gのご飯を2杯食べるくらいがベストなのかもしれません。

 

◎豆腐:豆腐は大豆でできているので糖質量も少なく、水分補給にもなります。豆腐サラダなどにすると満腹感も高まります。

◎タンパク源:豆腐、卵、魚、などはお肉に代わるタンパク源です、お肉ばかりだと食事が偏ってしまうので、タンパク源をうまく活用していきましょう

◎チーズ:チーズは糖質量も少なく、おつまみにもオススメ

◎赤ワイン、焼酎:糖質量が少ないアルコール飲料を活用、赤ワインはポリフェノールも多いので、1日1杯飲むの飲まないよりも良い☆

◎したらき:ご飯の量をしらたきで量増しする方法もあります。湯通ししたシラタキを細かく切って、ご飯に混ぜて盛り付ければ、かさましご飯の完成です。

 

減らした分は低糖質食材で補う!それだけで体も心も大喜びです。

今後とも糖質コントロール食について記載していきます!

 

 

 

 

 

 

内臓脂肪がストンと落ちる食事術

内臓脂肪がストンと落ちる食事術

  • 作者:江部 康二
  • 発売日: 2019/05/09
  • メディア: Kindle版