管理栄養士 佐々木さくら

ダイエット・アート・管理栄養士

9日目:糖質コントロール食「糖質って何??」

9日目

 

糖質コントロール食「糖質って何??」

 

今日は糖質についてお話ししていきます。最近は糖質制限という言葉が主流になっていますが、糖質ってそもそも何なんだろうということになります。そこで本日は、糖質について詳しく見ていきたいと思います。

 

炭水化物の中の糖質

糖質は、炭水化物―食物繊維≒糖質となります。もっと言うと、糖質+食物繊維が炭水化物になります。炭水化物には食物繊維と糖質があるのですが、炭水化物のほとんどが糖質となるため、糖制限の時には炭水化物に気を付けましょう。という言葉がでてきます。糖質や食物繊維の量は食材によっても異なるので「どんな食材に糖質が多いのか?」自分で把握しておくこと大切です。

 

糖質をさらに詳しく

糖質を分類すると下記のようになります

◎糖類:単糖類(ブドウ糖、果糖)、二糖類(ショ糖、乳糖、麦芽糖など)

◎多糖類:(でんぷん、オリゴ糖、デキストリンなど)

◎糖アルコール:(エリスリトール、キシリトール、ソルビトールなど)

◎合成甘味料:(アスパルテーム、サッカリン、スクラロースなど)

糖類にも種類が豊富ですが、最近では合成甘味料といわれる糖類が注目されています。ただ、合成甘味料は安全性が確かではないので、多量接種は控えた方が良いとされています。

 

糖質についてしることが大切

糖質制限と聞くと・・炭水化物を控えれば良いのか!!糖質オフの食材ならなんでもよいのか!と思いがちですが、まずは糖質について知ることが大切です。炭水化物には腸の調子を整える食物繊維も含めれているので一概に「炭水化物を抜く」ということは避けた方が良い選択です。炭水化物の良さも知りながら、糖質の摂取量を今よりも少し少なくする意識をすることから始めていきましょう☆

 

糖質は悪者ではない

縄文人などの昔の人は、少ないエネルギーで体に栄養を蓄えなくてはいけませんでした。そのためなのか、人間のカラダは糖質を効率よくエネルギーにしようとする力があります。現在の人は手軽に食べられるファストジュードやジャンクフード、お菓子やケーキなど縄文人に比べて気軽に糖質を取れる環境にあります。そのため、糖質過多の食生活になりがちです。糖質の摂取量をコントロールしながら、糖質とうまく付き合っていくことが今後の人類に求められるスキルになると私は考えます。

 

糖質オフで即やせレシピ 主婦の友実用No.1シリーズ