管理栄養士 佐々木さくら

ダイエット・アート・管理栄養士

コロナ太りのあなたへ【3日目】栄養士アドバイス

3日目 

コロナ太りのあなたへ

 

-10kgの減量に成功の過去

バリバリの運動部に所属していた私は、隠退を機に体重が激増し、1年で+5kg、2年で+5kgの計10kg増しとなりました。しかも体脂肪率は+10%くらいなので・・・相当脂肪が増えたことが分かりました。それから私が痩せるまでの間取り組んだことが糖質コントロール食です。下記に詳細。

 

体重は簡単に減らせる

体重を減らすためには、どんな努力が必要ですか?

・沢山運動をする 

・食事制限をする

・食べない

・食べ物の内容を見直す

 

食べなければ人は痩せる

体重を減らすためには、食べないことが一番手っ取り早いです。ですが、食べない聖愛kツというのは体への負担も大きいですし、なによりもストレスが貯まります。ストレスを貯めないためないで食べるためには「脂肪になりにくい食べ物をたべる」ことです。そうです、脂肪になりにくい食事をとれば体重は落ちるんです。

 

そんなに簡単じゃない?

糖質≒脂肪ということが明らかになってきたので、最近では糖質オフの食べ物が沢山出てきています。糖質を抑えるのって意外と簡単で、減らした分を野菜やお肉に変更していけば良いのです。ご飯も美味しいですけど、お肉も美味しいですよね。ご飯を減らした分、お肉を食べましょう。

 

コロナの自粛でそもそも運動量が減った

自粛生活で食事内容を見直しても、体重が減らないしむしろ増えた!という方も多いかもしてません。それはそうです。活動量が減れば食事量も減らさないと体重が増えていきます。今ある現状として、これまでの生活とは変わったように、これまでと同じ様に食べていては体重が増え続けます。

 

食べ物をさらに強化

これまでは普段の生活の中で、糖質を野菜やお肉に切り替えるだけで体重が減っていましたが、これからはもっと糖質を控える必要があります。夕食は糖質を食べない、朝ご飯もご飯を食べない。飲み物は水やお茶にするなどが必要であります。さらにいうと筋肉量も減るので、筋トレもこれまで以上に大切です。

 

引きこもりの方に相談

引きこもり生活の長い方にとって、今の生活は苦でもなんでもありません。より良い生き方をしていくためにも、今ある生活や食事内容を見直す良い機会と思って行動してみてください☆

 

小太りの方が長生きはするようです。

在宅生活で自分の適正体重についても考えてみましょう☆

 

本日もありがとうございました。

 

コロナ太りには筋トレが効く!:楽しい宅トレ習慣を

コロナ太りには筋トレが効く!:楽しい宅トレ習慣を

  • 作者:一夫
  • 発売日: 2020/07/26
  • メディア: Kindle版