管理栄養士 佐々木さくら

ダイエット・アート・管理栄養士

糖尿病とうつ病の関係。病には精神的なサポートも必須☆

糖尿病とうつ病の関係。

f:id:NTsakura2020:20200424173007j:plain

これから書くことは、専門的な知識というよりは糖尿病患者さまとの向き合い方について書いているものです。栄養相談をやっていると「うまく食事コントロールができない」「体重も全然へらないな」といった悩みを持つ方も方も多く、これは糖尿病という病気そのものだけでなく、別の疾患が関わってきていると気づきました。これから書くことは、これから糖尿病の家族や友人と関わる中で参考になればと思い記載しています。

 

糖尿病のかたうつ病も併発?

糖尿病患者様と話していると、皆さん親切で人思いの方が多く見受けられます。「頑張っても体重が減らないのよ」「私ってだめなのね」と病気と向き合っていてもうまく症状が改善していかないことに苦悩している様子も多々あります。糖尿病が先か、うつ状態が先かは分かりませんが・・・少なくとも病気を通じて精神状態も穏やかでないことが多数です。

 

家族の言葉や支えが影響することも

家族に糖尿病患者の人がいると、ついつい「食べすぎだよ!!」「醤油かけすぎだよ!!」「痩せたの?薬のんだの?」と口出しをしてしまうことも多く、それが本人へのストレスとなって精神的にも病んでしまう可能性があります。そのため、糖尿病に限らず、病気を抱えた方と関わる際には病気の面だけを見るだけでなく、精神的なサポートや寄り添う気持ちを持つことが大切になります。

 

糖尿病外来と心療内科がセットの診療所もある

糖尿病の方が抑うつ状態になりやすい、抑うつ状態の方が糖尿病になりやすいのかというのは定かではありませんが、糖尿病という病気に限らず精神的にも支えてがあるクリニックも存在します。待ち時間は1時間、診療は3分言った現代の医療では患者さんのココロのサポートを家族やその親族、職場の人に託しているところがあるので、信頼のおける心療内科の医師を持つことも大切なことだと思います。

 

食事指導の役割

 

 

食事指導の役割は、対象者の行動に繋がる言葉かけをすることです。どんなに優秀な医師や管理栄養士が豊富な知識を話していても、それを「実行したい」「やってみたい」「やってみよう」と対象者の行動に繋がらなければお家で本を読んでいるのと同じです。正しい知識を伝えるだけでなく「どうしたらできるのか?」「この人には何が必要か」を見定めるスキルが大切なのかなと私は思います。

 

病院実習の時に管理栄養士にはなりたくないと思った

大学生の時に病院に3週間実習に行きます。そのときに病院ではたらく管理栄養士の先生方と共に一日を過ごします。私の行った実習先では保険点数の為だけの栄養指導が見られました。「なんだよ、あのじじい、話長いよね?」と実習生に愚痴をこぼす栄養士、看護師が患者さんとお話しをしているのを無理やりさえぎり栄養指導をする管理栄養士・・・患者さんが理解できてない様子なのに自慢げに栄養指導を進めて終える管理栄養士・・・・私には衝撃的なことばかりでした。しかも、優秀な職員がいると思える大学病院の管理栄養士立ちです。すごいな~栄養指導って意味あるのかな?と思いつつも、限られた時間の中で栄養指導をこなしていく先生方の苦労も知ることになりました。

 

本当に必要な栄養指導をしたい

病院実習を通じて、私は思いました。

「私は、もっと患者様のためになる栄養指導をしよう」

ためになる栄養指導というのは、栄養指導をしたことで患者様やご家族が前向きに食生活改善に取り組める状態を作り出すことです。私はクリニックの栄養指導を担当していますが、栄養相談後の患者様の多くは「今日は話せてよかった、頑張るよ」「怒られると思ってたから、安心したよ」「本屋さんで自分に合ったレシピ本探してきますね!」と前向きな気持ちで帰られます。そういう言葉を聞くと「今日来てくれて本当にありがとうございました。また何かありましたらご相談くださいね」という言葉が自然と出てくるようになりました。

 

クリニックと病院では重症度が違う

私はクリニックの栄養相談なので、通院している患者さんの多くは軽症な方です。そのため、寄り添い方の時間をかけた栄養指導が行えます。一方で病院に通院する患者さんの多くは重症度が高いため、早急な対応が必要になることもあります。勤務先によって栄養指導への時間のかけ方が異なりますが、わたしはせっかくの貴重な時間は有意義に使いたいタイプなので栄養指導に時間をかけられるクリニックに向いているということも分かります。

 

寄り添う医療の充実

現在は、コロナの影響で感染した家族にも会えない触れられない状況が続いております。私も両親に持病があるので移してしまうと怖いという思いから実家にも帰ることができない状態です。寄り添いたいのに寄り添えない医療従事者の苦悩もありますが、家族やその周りの方々の支えで、一緒に乗り切っていきたいと思います。

 

以上、人は一人では生きずらい。というお話しでした☆

支えながら生きていきましょう☆

 

本日もありがとうございました。

 

糖尿病ならすぐに「これ」を食べなさい!レシピ

糖尿病ならすぐに「これ」を食べなさい!レシピ

  • 作者:横田 邦信
  • 発売日: 2015/11/11
  • メディア: Kindle版
 
医師や薬に頼らない!  すべての不調は自分で治せる

医師や薬に頼らない! すべての不調は自分で治せる

  • 作者:藤川 徳美
  • 発売日: 2019/12/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)